【新常識】コーヒーフレッシュに危険な成分は含まれていなかった!?

みなさん、

コーヒーフレッシュは危険である

という話を聞いたことはありませんか?

確かに考えてみれば、常温保存で長持ちするミルクやクリームなんてちょっとおかしいですよね。

なにか変なものでも入っているんじゃないの?

と、世間一般的にもコーヒーフレッシュは危険!という情報がたくさん流れています。

しかし、

コーヒーフレッシュは特別危険といわれるような食品ではない!

ということがわかりました。

では、どうしてコーヒーフレッシュが危険だといわれるようになってしまったのでしょうか。

コーヒーフレッシュの正体について私たちは、正しい知識を身につける必要があるようです。

この記事を読めば、あなたのコーヒーフレッシュに対するイメージがガラリと変わるかもしれません。

 

コーヒーフレッシュとは

コーヒーフレッシュとは、ポーションクリームとも呼ばれる、小型の容器に入ったクリームのことです。

高価で日持ちができない牛乳や生クリームの代用品として開発されました。

コーヒーやスープの飾り付けの模様、牛乳や生クリームの代用品として料理に使われます。

食品分類上でコーヒーフレッシュは、

  • 植物性油脂食品
  • 植物性油脂クリーミング食品

などと表記されます。

乳製品の仲間と思われがちですが、ミルクは使用されていないため、油の仲間と分類されます。

ざっくりいうと、コーヒーフレッシュはミルク風味の油です。

コーヒーフレッシュの成分

コーヒーフレッシュにミルクが使用されていないのなら、一体何からできているのでしょうか。

コーヒーフレッシュは主に、

  • 乳化剤
  • 植物性油脂
  • 増粘多糖類
  • ph調整剤
  • カラメル色素
  • 香料

などの原材料からできています。

製造過程の説明をすると、

まず植物性油脂であるサラダ油と水を混ぜる際に、分離させないため乳化剤を入れます。

それらに、とろみを付けるため増粘多糖類を入れて、

カラメル色素香料色や風味をミルクに近づけ

ph調整剤日持ちできるように作られています。

簡単にまとめると、

水と油に添加物を使用し、ミルク風味に近づけたもの

がコーヒーフレッシュです。

コーヒーフレッシュは危険?安全?

コーヒーフレッシュは油からできているということに私も衝撃を受けました。

さらに、油にさまざまな食品添加物を混ぜたと聞くと、やはりコーヒーフレッシュは危険な気がしますね。

しかし、本当に危険な成分が含まれているのでしょうか?

コーヒーフレッシュが危険といわれる原因になった、ある2つの成分について徹底的に調べてみました。

ショ糖脂肪酸エステル(シュガーエステル)

乳化剤として活躍することの多いショ糖脂肪酸エステルは、

  • 肝臓に悪影響
  • 発がん性の疑い
  • 胎児の染色体異常の原因

という情報があり、特に妊娠中の方は注意が必要と言われてきました。

が、それは間違いであることが確認できました。

ショ糖脂肪酸エステルは、

国際機関であるFAO/WHO合同食品添加物専門家会議(JECFA)において評価され、動物実験や酵素分解試験によってその生分解性の高いことが確認され、安全性は高いものと認識されている。

引用:農畜産業振興機構 シュガーエステル開発の歴史と最近の動向

とされており、安全な食品添加物であるといえます。

ではなぜ、ショ糖脂肪酸エステルが危険だという情報が出回ってしまったのでしょうか。

それは、別の乳化剤と間違えていた可能性があります。

ポリソルベート類と呼ばれる乳化剤があり、それらを染色体異常試験した時に一部陽性反応が確認されました。

このポリソルベート類に関する情報が、誤ってショ糖脂肪酸エステルにすり替わってしまったのではないかと考えられます。

また、そのポリソルベート類の染色体異常についても、

発現頻度が低く、生体にとって特段問題となるものではないと考えられる

引用:厚生労働省発食安第0621001号

とされており、安全性は認められています

とはいえ、ごく低確率でありながらも陽性反応が確認されていることは確かなので、避けたほうが確実ではあります。

ちなみに、国内で生産されているコーヒーフレッシュは天然由来の乳化剤を使用するため、

ポリソルベート類のように化学的に合成された乳化剤が使用されることはほとんどありません。

そのため、コーヒーフレッシュを購入する際に乳化剤を気にする必要はないでしょう。

ただし、食物アレルギーをお持ちの方は、乳化剤の原料でアレルギー反応を起こす可能性があります。

特に大豆アレルギーの方は、大豆由来の乳化剤が使用されている製品が多いので注意する必要があります。

トランス脂肪酸

コーヒーフレッシュには、危険な食品添加物が含まれていることも事実です。

以前から問題になっているトランス脂肪酸と呼ばれるものが、コーヒーフレッシュには含まれています。

トランス脂肪酸は、善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やしてしまうはたらきがあります。

その結果、動脈硬化やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病を招いてしまう恐れがあるそうです。

しかし、トランス脂肪酸ですが、

1日の摂取量は2g未満に抑えれば問題はないと考えられています。

出典:農林水産省 すぐにわかるトランス脂肪酸

コーヒーフレッシュのメーカーにもよりますが、

1個あたりのトランス脂肪酸の量は約0.04gといわれています。

この量であれば、朝・昼・夜に一杯ずつコーヒーにコーヒーフレッシュを入れて飲んだとしても、トランス脂肪酸の量は0.12gです。

その他の食品からトランス脂肪酸が摂取されることもありますが、コーヒーフレッシュにおいては摂りすぎに注意すれば、あまり神経質にならなくても大丈夫であると考えられます。

コーヒーフレッシュの代用品

コーヒーフレッシュがミルク風味の油であることを知ってしまうと、いくら安全とわかっていても、使うことにあまり気が進まない方もおられると思います。

そういう方たちのためにも、コーヒーフレッシュを何かで代用できると安心ですよね。

コーヒーフレッシュの代用品として、

  • 牛乳
  • 生クリーム
  • スキムミルク
  • 粉末ミルク

などが挙げられます。

牛乳・生クリーム

コーヒーフレッシュが代用品であるならば、牛乳生クリームはいわば本物。

コーヒーとの相性も抜群です。

コーヒーと合わせるなら、

  • 牛乳は乳脂肪分が多いもの
  • 生クリームは動物性のもの

のほうが味にコクが出てまろやかになります。

スキムミルク

スキムミルクは、粉末状で牛乳から脂肪分を取り除いたものです。

脂肪分がない分、コーヒーとの相性には個人差が生じると思いますが、ダイエットをしている方にはおすすめです。

低脂肪牛乳

低脂肪牛乳は、カロリーを抑えたいけど、スキムミルクが苦手という方におすすめです。

低脂肪牛乳は脂肪分が少ないため、スキムミルクのようにカロリーを抑えることができます。

味や風味は普通の牛乳よりも劣ってしまうかもしれませんが、低脂肪牛乳にはカルシウムとタンパク質が多く含まれているという利点もあります。

粉末ミルク

粉末ミルクは、味や日持ち、コスパの面が気になる方におすすめです。

しかし、粉末ミルクのものでもコーヒーフレッシュを粉末としたミルクもあります。

粉末でもコーヒーフレッシュを避けたい方は、ミルクを原料とした粉末ミルクを選ぶようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

コーヒーフレッシュに含まれる

ショ糖脂肪酸エステルは危険であるという情報は、間違っていた

ということが判明しました。

それどころか、

コーヒーフレッシュは安全でかつ安心して使用できる製品

だとわかりました。

これまでコーヒーフレッシュを敬遠していた方も、

もう一度使い始めてみてはいかがでしょうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加