飛行機では宇宙にいけないの!?ロケットや小惑星探査機「はやぶさ」の秘密とは

みなさん飛行機に乗ったことはありますか。

飛行機は空を飛べることはご存知ですよね。

ですが、空を飛べる飛行機で宇宙へ行くことは可能なのでしょうか。

考えてみたことはありますか?

6267969469_1d9e4712dc

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

宇宙にいくためには

答えはです。

飛行機では、宇宙に行くことはできません。

では、なぜ飛行機で宇宙へ行くことはできないのでしょうか。

それは、

「燃料を燃やすのに酸素を使う」

からです。

飛行機は、エンジンの燃料を燃やすのに、まわりの空気の中にある酸素を使います。

ですが、どうでしょう。

宇宙には、酸素がありません。

その結果、飛行機は宇宙で飛ぶことができないのです。

しかし、飛行機ではなくて、ロケットを使えば宇宙へ行くことができます。

ロケットは、同じように燃料を燃やして飛びますが、燃料といっしょに酸素を作り出すものや

酸素をたくさん含んでいるものを自分から持って行きます。

だから、ロケットは飛行機と違って、宇宙でも燃料を燃やすことができて飛べるのです。

ロケットの仕組み

 8229227227_7e99535908_k

飛行機やロケットが燃料を燃やすのは、それによって出るガスを後ろに吹き出すことで、

前に進む力にしているからです。

地球には、重力がありますね。

地球から宇宙へ飛び出すときには、地球の重力をふりきるために、

とても大きな力が必要となります。

そのときには、燃料を燃やしてガスを出しながら進むロケットを使います。

一旦宇宙空間に出てしまえば、小さな力でも前に進むことができます。

そのため、ガス以外のものを使うことができるのです。

小惑星「イトカワ」に行った日本の小惑星探査機「はやぶさ」は、

広い宇宙を長い間進むために、「イオン」という、

電気を帯びた小さな粒を使いました。

これは、太陽の光で作られています。

その太陽の光で造った電気の力で、キセノンというガスの粒を

プラスの電気を帯びた粒とマイナスの電気を帯びた粒に分けます。

プラスの粒同士を近づけると、すっと離れる性質を使ったのです。

そして、ロケットの後ろからプラスの粒を速いスピードでどんどん出しました。

そうすることで、前に進む力にしたのです。

どれくらい飛べる?

15337274584_164229a9ca_k

飛行機は、約37キロメートル上空を飛ぶことができます。

飛行機は、空気中の酸素と燃料を燃やして、そのガスを使って飛びます。

37キロメートル上空から地上を見ると、何もかもとても小さく見えますね。

ロケットは、約38万キロメートルまで飛ぶことができます。

ロケットは、酸素を含む酸化剤と燃料を燃やして、そのガスを使って飛びます。

飛行機とは、比べ物にならないくらい飛んでいますね。

地球の技術はすごいものですね。

はやぶさは、約60億キロメートル飛ぶことができます。

はやぶさは、電気を帯びた粒同士が退け合う力を使って飛びます。

現在、ガスやイオンを使わず、太陽から出る光を、金属でできた膜に

反射させる力で飛ぶロケットも開発されています。

宇宙のことが少しでも分かることを期待しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告