ペットの暑さ、寒さ対策にエアコンを!? つけっぱなしにした時の電気代とは

ペットを飼っている方なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

室温が何度ならペットも大丈夫なのか。

エアコンだと夏ならクーラー、冬ならヒーターを付けますが、何度に設定すべきか迷います。

それに、出かけようとしてもペットは家に居ますから、つけっぱなしにする家庭もあるでしょう。

そこで今回、ペットに最適なエアコンの温度設定と電気代について調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ペットに最適な室温

5221363208_a3e0a7edd2_z

ペットと言っても、いろんなペットがいます。

犬、猫、うさぎ、ハムスターなど様々です。

それぞれの種類によって適温というのは変わってくるのですが、基本的には夏場だと24℃~28℃冬場だと18℃~22℃だと言われています。

人が暑いと感じる温度なら動物も暑いと感じますし、人が寒いと感じるなら動物も寒いと感じます。

人にとってちょうどいい室温が、ペットにとってもちょうどいい室温なのです。

ただ、気をつけなければならないことがあります。

それは、急な温度変化です。

たとえ室温が25℃で快適だったとしても、元々15℃だったのが日中に25℃まで上がったというのでは体によくありません。

それに比べて、室温が30℃だったとしても、26℃くらいからじわりじわりと時間をかけて30℃になっている方が体調を崩しにくいのです。

エアコンで最適な温度に設定したからいいというのではなく、その時の温度と設定温度の差を確認してから付けるようにしましょう。

エアコンをつけっぱなしにした場合の電気代

2701591974_611875c8b6_z

エアコンをつけっぱなしにした場合、電気代がどれくらい上がるのか気になりますよね。

ペットのためとはいえ、エアコンをつけっぱなしにすることで電気代が2倍も3倍もかかるようでは気が引けてしまいます。

そこで、エアコンの電気代について調べてみましたが、この温度設定ならこの金額!とはっきり推測するのは困難でした。

というのも、エアコン自体の消費電力にも違いがありますし、エアコンを使う部屋の広さによっても変わってきます。

また、エアコンは温度の変化がなくなると電力の消費が少なくなったり、設定温度によっても消費電力が大きく変わります。

そもそも、使用している電力会社によっても電気代は変わってきます。

ちなみに、8畳の部屋でフルパワー1日つけっぱなしにすると、一般的なエアコンで約360円という計算になるそうです。

しかし、エアコンをフルパワーで使うのは、温度が大きく変化している時間帯だけなのでこの数値よりは大きく下がることと思います。

1日の半分くらいしかエアコンが稼働していないと仮定すると、1日約180円で、1ヶ月約5400円という計算になります。

かなり大雑把に計算しましたが、実際にエアコンをつけっぱなしにしても、これに近い金額になるかと思われます。

もちろん、温度の設定をさらに高くしたり低くすることで変わってきますが、外気温との差が10℃前後であればこれが当てはまるのではないかと思われます。

あくまで参考程度ですので、あまり鵜呑みにしないようにしてください。

電気代を浮かす工夫

2799536951_62fba97877_z

対象がペットですので、いくつか方法があります。

夏場の場合

  • 扇風機をつける
  • 保冷剤を置く
  • アルミシートを置く
  • 大理石を置く

冬場の場合

  • ケージの中に毛布を敷く
  • ケージに毛布をかける
  • ペット用ヒーターを使う

エアコンだけに頼らなくても、こういった工夫をすることで暑さ寒さ対策になります。

うまく使い分けることで人間の負担を減らし、ペットにとっても快適な空間を作ることができるでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告