二重顎はダイエットでは解消できない!? 二重顎の原因を改善し簡単に治す方法とは? 

4178052411_d2bf1948d9_z

太った!?

ダイエットしなきゃ!

二重顎を自覚すると肥満が原因だと思われがちです。

しかし、最近では痩せているのに二重顎になっている人もいます。

それも一般人だけでなく、モデルや女優のような芸能人でも二重顎になっている人がいます。

これは一体どういうことなのでしょうか?

二重顎の原因は肥満ではないのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

二重顎とは

How-to-get-rid-of-double-chin

二重顎とは、顔の皮膚や脂肪のたるみによって顎にシワが寄り、顎の骨格より皮膚が垂れ下がって見える状態のことを言います。

二重顎になると、輪郭が大きく見えたり太っているように見えるため、多くの人の悩みの種となっています。

首周りの脂肪のため、一度脂肪がついてしまうとなかなか落とすことが出来ません。

ダイエットをしても、体重は減って体型も変わっているのに首周りだけ変わらないなんてこともあります。

しかし、諦めるのはまだ早いです。

原因を見極め、それに合わせた対処をすることによって、二重顎から美しい顎のラインを作ることが出来ます。

まずは、自分の二重顎の原因がどれに当てはまるのか見極めるところから始めましょう。

原因

二重顎の原因は複数あり、人によって様々です。

肥満

a0001_009105_m

二重顎の原因で一番多いのは肥満です。

肥満になると血行が悪くなり、老廃物が外に排出されにくくなり、身体に溜まってしまいます。

そして、その溜まった老廃物がむくみやセルライトとして表れます。

そのむくみが顎の周りや首周りにつくことで、二重顎となるのです。

また、首周りに直接脂肪がつくことでも二重顎になります。

肥満による二重顎は他の病気を引き起こす原因になることもあります。

首周りの脂肪が増えることで気道が圧迫され、気道が塞がることによって睡眠時無呼吸症候群が引き起こされる場合があります。

肥満には注意しましょう。

筋力の低下

zekkotujyoukingun-11

痩せているのに二重顎になってしまっているという方に多いのが、筋力の低下です。

ただ筋力といっても、顎の筋力になります。

特に、二重顎に影響する筋力は、舌骨筋とオトガイ筋です。

舌骨筋は主に舌を動かすための筋肉なのですが、顎のすぐ上の筋肉のため、二重顎にかなり影響します。

食事の時に顎をあまり動かしていなかったり噛む回数が少なかったりすると舌骨筋の筋力が低下し、二重顎の原因となる場合もあります。

また、顎のすぐ下にあるオトガイ筋も二重顎に影響します。

ただし、こちらの筋肉を鍛えると、割れ顎(けつあご)になりやすくなってしまう場合がありますのでご注意下さい。

特に、割れ顎を気にしている方は鍛えないようにしましょう。

鍛えるのであれば舌骨筋をオススメします。

老化

老化も二重あごの原因となることがあります.

これは先ほど紹介したように,筋力の低下に原因があります.

老化による筋力低下は誰にでも起こることですので,その結果二重あごになってしまっても仕方がないことです.

歳相応と開き直るのもいいでしょう.

しかし,もっと若々しくいたいという方が多いことと思います.

でしたら,顎の筋肉を鍛えましょう.

筋力の低下でもご紹介したように,舌骨筋またはオトガイ筋を鍛えることをおすすめします.

姿勢が悪い

実は姿勢も二重顎に影響してきます。

前のめりの体勢になる癖がある人は特に二重顎になりやすいです。

ただ、姿勢が原因の二重顎の場合、姿勢さえ直せば二重顎も治るのでなおしやすい原因でもあります。

予防方法と解消方法

一度二重顎になってしまうと、元に戻すのはなかなか大変です。

お腹まわりや腕や足の脂肪は比較的落としやすい部類にはいるのですが、普段あまり使うことのない筋肉が集まっている顔や首周りは、一度脂肪がつくとなかなか消費することができません。

そこで,二重あごにならないための予防法,または二重あごを解消するための方法を紹介します.

肥満が原因の場合

6879781132_250268e699_z

ダイエットをしましょう.

これは言わずともわかっていることと思いますが,肥満を解消せずに二重あごだけ改善するというのは不可能です.

ダイエット自体うまくいくことが難しいですが,ここを乗り越えなければ二重あごを改善することも難しいです.

ただ,ダイエットをして肥満を解消したからといって,二重顎が解消されるとは限りません

ダイエットによって肥満が解消されたのに二重あごは解消できなかった場合,後述する筋力の低下が原因の場合を参考にしてください.

筋力の低下が原因の場合

ガムを噛む

17930626200_b06d3dc689_z

これはとても簡単なことですので,オススメです.

ガムを噛むだけで顎が鍛えられます.

顎の筋力が低下しているというのは,日頃から咀嚼回数が少なかったり,飲み込むようにご飯を食べて顎をあまり使っていないことが原因です.

そこで,食事以外の時にガムを噛むことで,咀嚼回数を増やし,顎の筋力を鍛えます.

わざわざガムを買って食べる必要がありますが,食生活を変えたりする必要がないので,簡単に実行できます.

終わりに

5642647728_2d42651d96_z

いかがだったでしょうか?

二重顎を解消するには,とにかく顎を使うこと,筋力を鍛えることが一番重要です.

まずは簡単なものから試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告