「くしゃみをすると噂されている」には始まりがある。 くしゃみの原因と正しい対策とは?

誰かに噂されているとくしゃみが出る、なんてこと聞いたことがありますよね。

1回出るくしゃみはいい噂。

2回出るくしゃみは悪い噂。

などと言われていますね。

しかし、実際には、噂とくしゃみは関係ありません。




くしゃみをすると噂されている

くしゃみをする女性

誰もが聞いたことがある迷信です。

昔の人は、良くない霊の仕業や呪いによって、くしゃみが出ると考えていました。

つまり、人が呪っているというところから始まったのです。

そして、人が噂をしているに変化したと考えられています。

くしゃみの回数

くしゃみって1回出ると2回目がすぐに出ませんか?

実は、くしゃみの回数も意味があるのです。

いくつかの例を紹介します。

「一そしり二笑い三惚れ四風邪」

1回目のくしゃみは、批判されている噂といわれています。

2回目のくしゃみは、笑いものにされている噂といわれています。

3回目のくしゃみは、誰かに惚れられている噂といわれています。

4回目のくしゃみは、それはただの風邪です。

「一にほめられ二に憎まれ三に惚れられ四に風邪をひく」

1回目のくしゃみは、誰かにほめられています。

2回目のくしゃみは、誰かに憎まれています。

3回目のくしゃみは、誰かに惚れられています。

4回目のくしゃみは、それはただの風邪です。

「一にほめられ、二にふられ、三に惚れられ、四に風邪」

1回目のくしゃみは、誰かにほめられています。

2回目のくしゃみは、誰かにふられます。

3回目のくしゃみは、誰かに惚れられています。

4回目のくしゃみは、それはただの風邪です。

共通しているのは、3.4回目のくしゃみですね。

どうやらくしゃみは3回するのが1番いいように思います。

風邪

3556432482_4c70feb100_n

風邪をひくとくしゃみが出ますね。

4回も連続くしゃみをするようならおそらく風邪でしょう。

病院に診察に行くと、くしゃみが出るかどうか聞かれます。

風邪をひくとくしゃみが出ることが多いのはみなさん知っていることと思います。

では、どうしてくしゃみが出るのでしょうか。

くしゃみの役割

くしゃみは、鼻の中に、細かい物が入ったとき、それを外へ吹き飛ばそうして出るものです。

鼻の入り口は、小さいですが、中はとても広くなっています。

中のかべは、薄くやわらかな「粘膜」になっています。

そして、いつも濡れています。

吸い込んだ空気は、鼻の中で、湿り気が与えられ、温められるのです。

体の中に、乾いた冷たい空気が、そのまま入らないようにしています。

この粘膜のはたらきはとても大事なのです。

粘膜にゴミやホコリがつくと、取り除かなくてはなりません。

自分では、そんな細かいものがついたかどうか、気付かなくても、体はわずかな刺激でも感じることができるのです。

そして、くしゃみで吹き飛ばそうとします。

だから、くしゃみは、出そうと思わないのに出てしまうのです。

止まらないくしゃみ

16719391582_524b978054

くしゃみが止まらないという経験はありませんか。

たかがくしゃみと思うかもしれませんが、くしゃみが止まらないととてもつらいのです。

そして、体力もかなり消耗します。

また、集中力が低下してしまいます。

妊娠中の女性は、くしゃみで腹圧がかかることによりお腹が張ってしまうということもあります。

このように、くしゃみといってあまくみてしまうととてもつらい思いをしてしまいます。

さらに、くしゃみをすることで周りの人にも迷惑をかけてしまうこともあります。

花粉症やアレルギー性鼻炎などのくしゃみの場合は、他人に感染する危険性はありません。

しかし、体に入ってきたウイルスを外に出そうとする体の防御反応でもくしゃみは起こります。

ウイルスが原因の場合は、他人に感染する可能性があります。

ウイルスに感染した人がくしゃみをすると約1~2メートルくらい飛散すると言われています。

他人に、感染させないためにもマスクの着用が必要ですね。

また、体に影響を及ぼすくらい症状がひどい場合は、病院へ行くことをおすすめします。

くしゃみの解決方法

238409344_3d60e4577e_m

耳鼻科で受診する

花粉症やアレルギー性鼻炎が原因のくしゃみはアレルゲンを取り除かなくてはなりません。

風邪でもないのにくしゃみが出たり、水のような鼻水が出て止まらない場合は、耳鼻科を受診することをおすすめします。

耳鼻科で、投薬などの治療をすれば症状がやわらぐ場合が多いです。

部屋を掃除する

ペットを飼っている人で多いのが、ペットの毛の始末です。

ほこりが多いとくしゃみが出やすくなります。

アレルギーでもないのに、自分の部屋ではくしゃみが止まらないなどの場合は、その場所をきれいに掃除してみましょう。

こたつや布団、毛布など目に見えないですがほこりが残っていて汚い場合が多くあります。

日頃から、部屋を清潔にしてほこりなどがないようにしましょう。

湿度を上げる

空気が乾燥しているとくしゃみが出やすくなります。

急にくしゃみが止まらなくなった場合は、保湿してみるのもいいかもしれません。

加湿器をつけたり、ぬれタオルを部屋につるしてみてください。

また、くしゃみを止めたい場合は肌に触れても熱くない程度の蒸しタオルを用意し、鼻を覆ってみるといいです。

くしゃみをしたときに使う英語

日本語では、くしゃみをしたときにかける言葉は特にありません。

しかし、英語では決まった言い方があります。

A:Atchoo!Excuse me.

(はくしょん!ごめんね)

B:Bless You!

(お大事に)

A:Thank you.

(ありがとう)

このように、くしゃみをすると英語では決まったパターンがあります。

「Bless You」は、「神のご加護」をという意味があります。

おわりに

様々な理由でくしゃみが出ることがあります。

風邪はもちろんアレルギーなどでもくしゃみは出ます。

ホコリや花粉を吸い込んだとき、粘膜が腫れたり傷ついたりして、刺激を受けすぎてしまいくしゃみが出るのです。

あまりにもひどい場合は、病院で受信してしっかりと治してもらいましょう。








  • このエントリーをはてなブックマークに追加