やり過ぎは禁物?正しい舌磨きで得られる驚きの効果とは?!

みなさんは舌磨きをされていますか?

子どもの頃は全く気にもしていませんでしたが、成長するに連れて、他人や自分の口臭、舌の汚れが気になるようになりました。

焼肉やラーメンとかを食べた次の日は、自分でも嫌というほど臭うので、他人の目が気になってしまいますよね。

舌の汚れが気になって磨いてみると、舌がきれいなピンク色になるし、口臭もとてもクリアな感じになりますよね!

人と話すときも口臭が気にならなくなるので、自信を持って会話をすることができます。

でも、舌磨きって良いことばかりなのでしょうか?

舌磨きが危険な予感がするのは私だけでしょうか?

口臭の原因?!舌苔とは

舌苔(ぜったい)とは、舌の上に全体的に付着している薄く白い苔のようなものを指します。

舌苔は、

  • 食べ物の残りカス
  • 舌や口の中の剥がれた上皮
  • 細菌

などが溜まってできています。

舌が薄っすらと白い状態は通常であり、正常な舌であるため問題はありません。

しかし、異常な量や色が付いている舌苔であれば、病気の可能性や口臭の原因となります。

口臭の原因は、

  • 虫歯
  • 歯垢
  • 胃腸不良

などさまざまな原因があります。

しかし、舌苔は口臭の元となる硫化水素が作られるため、舌苔が口臭の原因の60%を占めているといわれてます。

舌磨きの効果

口臭予防

舌磨きをすることで身をもって実感できる効果は、口臭予防です。

先程もお話しましたが、舌の汚れが口臭の原因となる割合を60%も占めています。

そのため、舌の汚れを取る舌磨きをすることで口臭が見違えるほどきれいになります。

今まで舌磨きをしていなかった人も1度試しにやってみると、きれいな舌と全く気にならない口臭の変化に驚くでしょう。

清潔感

程よいピンク色の舌と真っ白な舌、どちらが清潔感漂う舌の持ち主でしょうか?

もちろん程よいピンク色の舌の持ち主ですよね。

いやいや、舌なんて見えにくい場所にあるから真っ白に汚れていても問題ないさ!と思う方もいるかもしれませんが、意外と舌は見られています。

舌磨きをする人が増えてきた現代では、話すときに口臭が気になれば歯磨きや舌磨きをしていないのではと推測され、舌を見てみれば汚れている人が多いのです。

舌磨きをして、程よいピンク色の舌清潔感をゲットしましょう!

病気の予防にも

舌磨きをすることで、

  • インフルエンザ
  • 口内炎
  • 誤嚥性肺炎

など、病気の発祥のリスクを抑えると研究により発表されています。

舌苔は口内の細菌などが溜まっているため、体内に取り込んでしまうのはあまり良くありません。

舌磨きを続けることで口腔内をケアし、病気の予防に努めましょう!

舌磨きの危険

舌磨きをするメリットもありましたが、デメリットもあるのでしょうか?

実は舌磨きをやりすぎてしまうと危険な場合もあることがわかってしまいました。

口臭の悪化

舌苔を取りすぎてしまうと、舌乳頭が傷ついて、唾液を溜めることが難しくなり、口腔内の乾燥状態を引き起こしてしまうそうです。

口腔内の乾燥により雑菌が増えて、結果、口臭の悪化を招いてしまいます。

また、唾液の減少により虫歯や歯周病の発祥リスクも上がってしまうそうです。

味覚障害

舌はとてもデリケートで、強くゴシゴシ磨いてしまうと味蕾と呼ばれる味を感知するセンサーのようなものが傷ついてしまいます。

味蕾を傷つけてしまうと、食べ物の味がわからなくなり、味覚障害を引き起こしてしまう可能性も出てきます。

味覚障害をもつ患者さんに舌磨きを中止させたところ、症状が治るケースもありました。

味蕾は再生するため、味覚に異常を感じる方は舌磨きを一旦休んでみてはどうでしょうか。

しかし、舌磨きを適度にすれば、味覚が研ぎ澄まされるという研究結果も発表されています。

正しい舌磨きの方法

過度な舌磨きは口臭を悪化させ、口腔内トラブルを引き起こすことがわかりました。

しかし、正しいやり方を実践すれば、口臭予防や病気の予防などにもつながります。

正しい舌磨きのポイントを抑えて、実践してみましょう。

舌磨き専用のブラシやクリーナーを使用する

通常の歯ブラシでは舌に負担がかかりすぎてしまいますが、舌磨き専用のブラシやクリーナーであれば、舌に強い刺激を与えずに汚れを取ることができます。

舌磨き専用のグッズは薬局やドラックストアで販売されていますので、チェックしてみてください。

舌磨きは多くても1日に1回まで

舌磨きは多くても1日に1回、特に朝に磨くことをおすすめします。

日中は食事や会話により唾液の分泌量が多いですが、睡眠時に唾液の分泌量は減少し、舌苔も増加しています。

そのため、唾液の分泌量が減少し、舌苔の増加した朝が舌磨きをするタイミングとしておすすめです。

しかし、過度な舌磨きは禁物です。

舌磨きをする際は必ず鏡でチェックしてから、汚れているときだけにしましょう。

ゆっくり優しく磨く

舌の奥に入れすぎてしまうと嗚咽の原因にもなりますので、舌を磨く際は適度な奥からゆっくり優しく磨くことがポイントです。

また、歯磨き粉は刺激が強く舌が傷ついてしまうので、舌磨きはで行うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

舌磨きは口臭予防に絶大なる効果がありますが、やり過ぎるとかえって口臭が悪化し、味覚障害にもなりかねない、危険な行為だったのですね。

今まで私は歯ブラシでしていましたが、舌から血が出たり傷ついたりしたことはありませんでした。

しかし、気づかなかっただけで、舌は悲鳴を上げているのかもしれません。

舌磨きをする時は、舌磨き専用のものを使った方が安心できますね。

舌磨きをする際はメリットとデメリットを理解した上で、正しい方法、自分にあった舌磨きを実践するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加