海が青い理由は空じゃない!? 海の色が青く見える3つの理由

なぜ海は青いのか、疑問に思ったことはありませんか?

水自体は透明で、海水をすくってみても透明です。

この青い色はどこからきているのでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

海が青い理由

12720121_f753c493d8_z

先ほども書いたとおり、海水自体には着色はありません。

透明です。

ではどこからきているのかというと、理由は大きく3つあります。

太陽の光が関係している

太陽といえば、赤とか白とか黄色のような色で表されます。

しかし、そもそも太陽は赤や白のような単色ではありません。

様々な色が含まれた白なのです。

海水に太陽の光があたると、青以外の色は海水に吸収されます。

そして青は、海中深くまで進んでいくので海水が青く見えるのです。

光の反射が関係している

太陽の光が海に入ると、海底の砂まで進んでいきます。

そして、砂で反射し、また地上へと向かっていきます。

こうして反射された光が目に入ることも、海の色をつくる仕組みのひとつとなっています。

空が関係している

4261244100_c5fe744f6c_z

空の青を海が反射しているというのも、海が青く見える理由の一つです。

快晴の時の海は、青い色がよりはっきりと綺麗に見えます。

そして、空が夕焼け色に染まると、海も夕焼け色に染まっていきます。

海の色は太陽の光でできている

海の色は、空の色を映しているわけではありません。

空が曇っていても海が青く見えるのは、太陽の光から青い色を反射しているからなのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告