昔は1日5時間だったって知ってる!? 地球の自転速度と月との距離に秘密あり!

「1日25時間くらいあったらな~」

「1日もっと時間ほしいな~」

と、思ったことはありませんか?

だれもが一度は思いますよね。

でもみなさん知っていましたか?

誕生したばかりの地球は、1日の長さがもっと短く、何と5時間しかなかったのです。




89187775_543962c887_m

1日の長さは地球の自転速度で決まっています。

今から約46億年地球が誕生しました。

そのときの地球の自転はもっとはやかったのです。

しかし、長い年月をかけて地球の自転は遅くなってしまいました。

そして、現在1日の時間は24時間となったのです。

なぜ、地球の自転が遅くなったのかは理由があります。

その理由は、地球と月の距離にあったのです。

約46億年前は、地球は月の近くにありました。

しかし、現在は、月は地球から約38万キロメートル先に位置しています。

誕生したばかりの頃は、地球から約4万キロメートルのところにありました。

38万キロメートルと4万キロメートルなんでかなりの距離がありますよね。

そして、地球と月の間には引力が働いています。

だから、月は地球の周りをぐるぐると回っているのです。

地球は月を、月は地球をお互いに引っ張っているのです。

例えば、海の水が満ち干きするのは、月によって海水や地球が引っ張られている証拠なのです。

月が地球を引っ張るとどのようなことが起こるのでしょうか。

それは、地球の自転にブレーキをかける効果が出るのです。

そのため、地球の自転がだんだん遅くなります。

また、月が地球の周りを回る公転速度は速くなり、どんどんと地球から遠ざかっていきます。

そして現在の位置まで移動したのです。

月は、現在でも地球から離れていっています。

距離で言うと、毎年3.8センチメートルずつ地球から離れています。

また、地球の自転は少しずつ遅くなっています。

そのため、約1億8000万年後には、地球の1日の長さは25時間になると言われているのです。

9092177081_e62423c398 3079635627_02c52f2179







  • このエントリーをはてなブックマークに追加