あなたのエアコン設定は大丈夫? 冬のエアコンの適温とは?

寒い冬、エアコンは欠かせないですよね。
設定温度どおりになるように温度調節してくれて、快適な生活を送らせてくれます。

ところでみなさんは、この温度設定をいくつに設定していますか?
24℃くらいでしょうか?
それとも26℃?
暖かくしようとすると28℃でしょうか?

一般的にはどれくらいが適温なのでしょう。

2701591974_611875c8b6_z

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

大手エアコンメーカーの推奨設定温度

ダイキンやパナソニックなどの大手のエアコンメーカーでは、推奨設定温度を20℃としています。

これを聞いてみなさんはどう思いましたか?
低すぎますか?
それとも意外と近い数字でしたか?

最近はエコや節電と言われ、適温より2℃ほど下げられた数値になっています。
しかし、これらは推奨設定温度であって、一般家庭の設定温度とは違ってきます。

一般家庭の平均設定温度

一般家庭での暖房の平均設定温度は24.7℃です。

半数以上の家庭が推奨設定温度を超えており、その中でも一番多いのが28℃設定となっています。
やはり、一般家庭と比べると推奨設定温度はかなり低く設定しているようですね。

となると、推奨設定温度である20℃に設定するのはなかなか難しいようです。
少なくとも、今25℃前後に設定している家庭が20℃に設定すると、とても寒く感じると思います。

しかし、暖房の設定温度を高く設定するのは体にも良くありません。

nr1023_01_04

ヒートショック

温度差が大きい所に出入りすると、体に負担がかかります。
この現象をヒートショックと呼ぶのですが、外気温と室温の差が大きければ大きいほど、このヒートショックの影響も大きくなります。

若い人でも脳梗塞や心筋梗塞を引き起こしてしまう可能性があるので注意が必要です。

117835

エアコンで快適な生活

エアコンに頼りきった生活は、結果的に自分の体に不調をきたす原因となることもあります。

温度はできるだけ推奨設定温度の20℃近くに設定し、外気温との温度差を小さくしましょう。
そうすることで、ヒートショックの影響も小さくなり、さらに電気代の節約にもなるのでいいこと尽くめです。

服を重ね着したり靴下を履いたりすることでできるだけ温かい状態にし、その補助としてエアコンを使うようにしましょう。

※参照:LIXIL

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告