【ウソ・本当】チョコレートの食べ過ぎが原因?鼻血が出る本当の理由とは!?

「チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出る」という言葉を聞いたことはありませんか?

実際私も小さい頃、よく注意されていました(笑)

幼稚園に行く前、チョコレートが好きすぎて、ファミリー用のチョコレートを一袋なくなるんじゃないかという勢いで、バクバクと食べていたときです。

母に注意されながらも、美味しすぎて手が止まらなくなっていると、鼻血も止まらなくなってしまいまして、、、

それが原因で、幼稚園に遅刻していくこともよくありました(笑)

大人になった今はチョコレートを食べすぎても耐性がついたのか、鼻血が出ることはなくなりました。

チョコレートを食べすぎると鼻血が出るなんて迷信だ!という意見もあります。

しかし、私のように実際に体験したという方も少なからず居られるのではないでしょうか?

チョコレートと鼻血の関係性はあるのでしょうか。

鼻血が出る原因

そもそも、チョコレートを食べる以前に、どうして鼻血が出てしまうのでしょうか。

鼻血が出る原因は主に、毛細血管の損傷によるものが多いそうです。

鼻の内部を覆う粘膜は非常に薄く、鼻を通る毛細血管は細くて切れやすいという特徴があります。

そのため、鼻を

  • かむ
  • いじる
  • すする

などの日常的に行われる動作や、

  • くしゃみをする
  • 鼻をぶつける

などの衝撃を与えただけで、簡単に出血を起こしてしまうのです。

チョコレートを食べると鼻血が出るというのは嘘?!

残念ながら、チョコレートを食べると鼻血が出るというのは、医学的根拠がないそうです。

しかし、小さい頃は、ごはんをいっぱい食べて大きくなるのよ~!と言われて育ったのに、

なぜチョコレートを食べ過ぎると鼻血が出るよ~!と脅されてしまうのでしょうか。

「チョコレートを食べすぎると鼻血が出る」という言葉が生まれたのには何かしらの理由があるはずです。

チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出るといわれた理由

チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出ると言われだしたのはいくつかの説があります。

昔、チョコレートは高級品であり、現代の日本のように簡単に手に入る品物ではありませんでした。

口に入れると甘くてとろけるチョコレートはついつい食べすぎてしまいます。

そのため、

  • チョコレートの食べ過ぎを防ぐため
  • 高級なチョコレートを大切に食べてほしいと思う親の気持ち

などの理由から、このような言葉が誕生したそうです。

また、チョコレートのような栄養価の高い食べ物を食べすぎると、血液量が増え、行き場の無くなったエネルギーのはけ口として、鼻血が出てしまうのではないかと考えられていました。

しかし、このエネルギー摂取の過多による考えは、医学的には実証できないそうです。

チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出る原因

チョコレートを食べると鼻血が出ると言われだした理由は、ざっくりまとめると、チョコレートを食べすぎるのを防ぐためであることがわかりました。

しかし、チョコレートのある成分によって鼻血が出やすくなっているのかもしれません。

コーヒーに含まれている「カフェイン」という成分ですが、この成分はチョコレートにも含まれています。

コーヒーを飲むと眠れなくなるという話をよく聞きますが、これはカフェインによる作用が関係しています。

カフェインには、血圧を上昇させ、神経を興奮させる作用があります。

鼻の血管は細いため、血行が良くなりすぎると血管がパンパンになって傷が入ることにより、鼻血が出てしまうのではないかと考えられています。

また、チョコレートには「チラミン」という成分が含まれています。

チラミンには、カフェインと同じように血圧を上昇させる血管収縮作用を持ちます。

しかし、血管収縮作用の効果が切れると、血管が拡張する作用に切り替わります。

この血管の収縮から拡張に切り替わる際の刺激によって、鼻の薄い粘膜が腫れて鼻血が出るのではないかとも考えられています。

チョコレートの成分によって鼻血が出ると考えられる場合は、カフェインとチラミンが関係しているようです。

チョコレート以外にも鼻血が出てしまう食品はあるの?

チョコレート以外に鼻血が出やすくなる食べ物は、

  • ピーナッツ
  • アーモンド
  • にんにく
  • アルコール類
  • 香辛料

などが挙げられます。

ナッツ類は栄養価が高く、食べ過ぎると血圧を上昇させやすくなります。

また、血液をサラサラにする効果があり、血流が良くなり、かえって鼻血が出やすくなるとも言われています。

にんにくには、血液凝固を抑える作用があり、動脈硬化を予防する効果があります。

しかし、食べすぎてしまうと効果が強いあまり、古傷から出血を引き起こして鼻血が出やすくなるそうです。

アルコール類や香辛料は、体温を上昇させる効果があり、血流が良くなるあまり鼻血を誘発させてしまうことがあるそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出るというのは、医学的な根拠はないため、はっきりとした答えはないようです。

鼻の内部が損傷しなければ出血は起きないため、チョコレートなどの食品の食べ過ぎが鼻血の原因であるとは必ずしも言い切れません。

しかし、チョコレートなどの食品の食べ過ぎによって、栄養が偏り、鼻血が出やすい状態を作っているのかもしれません。

鼻血が出ないからたくさん食べても大丈夫!ではなく、食べ過ぎには注意をしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加