その目立った鼻の角栓、無理にパックで除去すると危険! 原因を知り、正しい取り方とケアを!

あなたのその鼻のブツブツ、目立っていませんか?

毎日の洗顔を怠っていないでしょうか?

無理に角栓を除去しようとすると、かえって悪い影響を与えることになるかもしれません。

毛穴をきれいにしたいのであれば、まずは角栓がどんなものか知ることが必要です。

それから、正しい対処をおこなうようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

角栓とは

4497256497_21251908fd_z

毛穴に詰まった皮脂や角質のこと角栓といいます。

毛穴に角栓が詰まることで、元々外に流れ出るはずだった老廃物が溜まったり、細菌を閉じ込めてしまうことになります。

その結果、毛穴が炎症を起こしたり、黒ずみの原因になることがあります。

角栓を放置すると、毛穴が広がる原因になり、毛穴が目立つようになる可能性があります。

一度広がった毛穴は元に戻らないと言われているので注意が必要です。

角栓は、毛穴がある場所ならどこにでもできますが、特に頭皮にできやすいです。

中でも鼻は、顔の真ん中にあるので目立ちやすく、多くの人の悩みの種ともなっています。

角栓ができる原因

5380347387_7122296e24_z

角栓ができるのには様々な原因があります。

洗浄不足

単に洗う回数が少なかったり、洗い方が雑だったりすると角栓ができやすいです。

1日1回は洗顔をしているでしょうか?

また、化粧水などでのケアはおこなっているでしょうか?

洗浄の質を下げたり、ケアを怠ると角栓ができる原因となります。

注意しましょう。

過剰洗浄

洗浄不足とは逆に、やりすぎもいけません。

専用の石鹸などで洗浄すると、本来必要だった油分が落ちます。

頻繁に油分が失われている状態になると、次第に肌が乾燥していきます。

その結果、毛穴に皮脂や角質が溜まりやすくなり、角栓となるのです。

何事にも過剰は禁物です。

多くても朝晩2回ほどにしましょう。

乾燥

単に水洗いならいいのですが、専用の石鹸などを使うと肌の油分が落ちます。

いらない油分が落ちると同時に本来必要だった油分も落ちてしまいます。

洗顔などをしたあと、ケアをしないと肌が乾燥状態になります。

肌が乾燥すると毛穴に皮脂や角質が溜まりやすくなり、角栓ができたり炎症を起こしたりしてしまいます。

洗顔など洗浄のあとは、化粧水と乳液を使い、必ず保湿などのケアするようにしましょう。

生活習慣の乱れ

a0002_008002_m

生活習慣が乱れると、身体にもその影響がでてきます。

生活習慣の乱れによって体調を崩しやすくなり、肌荒れなどにつながります。

私たちの肌の細胞は常に生まれ変わっており、約1ヶ月周期ですべて変わると言われています。

しかし、生活習慣が乱れると細胞が生まれ変わる周期にも乱れが生じます。

その結果、肌が荒れたり、角栓ができる原因となるのです。

化粧品の多用

化粧品をよく使う女性の方に多い原因です。

化粧品を使った日、寝る前にちゃんとケアができているといいのですが、できていないと肌が荒れたり角栓ができやすくなります。

洗浄とケアがうまくおこなわれていないと残った化粧品が毛穴に詰まってしまいます。

すると、肌が荒れたり角栓ができたり、炎症を起こしてしまうことにもつながります。

化粧をしたあとのケアは必ず必要です。

老化

老化も肌の質に影響してきます。

たとえどんなに正しい洗浄をおこなっていても、加齢には勝てません。

個人差はありますが、歳をとるごとに肌の質は落ちてしまいます。

また、肌の細胞が生まれ変わる周期にも乱れが生じやすくなります。

一般的には30代くらいから加齢の影響が出てくると言われています。

やってはいけない角栓の取り方

毛穴パック

毛穴パックには二通りあり、貼って剥がすタイプ塗って洗い落とすタイプがあります。

両方とも角栓の除去に効果があるのですが、使用頻度次第では逆効果になります。

特に、貼って剥がすタイプの毛穴パックには注意しましょう。

貼るタイプの毛穴パックは粘着力が高く、剥がす時に肌にダメージを与えやすいです。

多くても1週間に1度くらいの使用頻度でないと、ダメージが蓄積され、肌が荒れたりします。

また、両方とも油分や潤いを取り除いてしまうので、化粧水などによるケアは欠かさないようにしましょう。

ピンセット

4215570702_70e0566de3_z

よくやってしまうのは、ピンセットなどを使って角栓を引っこ抜いてしまうことです。

これは、毛穴に詰まっている物を無理やり引っ張ってしまうことになるので、毛穴が広がる原因になります。

今綺麗に取れたとしても、すぐに角栓ができてしまうことになります。

ピンセットをどうしても使いたいのであれば、まずは蒸しタオルを当て、柔らかくしてから除去するようにしましょう。

そして、必ずケアはおこないましょう。

角栓の正しい取り方

早い話、自分に合った洗顔料を使って、毎日洗顔をおこないましょう。

特に良いとされているのが、細かく泡立つタイプで弱アルカリ性の洗顔料です。

中でも、クレイタイプのものや火山灰が使われているものがオススメです。

細かい泡であるほど老廃物などを吸着し、洗い落としてくれます。

また、ベビーオイルやオリーブオイルなどのオイル類オロナインなどの薬品でも角栓を落とせます。

蒸しタオルなどで毛穴を広げ、その状態でそれらを塗ります。

指先でやさしくマッサージをしていくと、2、3分ほどで角栓が取れていきます。

ある程度取れたら洗顔をし、ケアをおこないましょう。

角栓を除去した後のケア

どの方法でやってもそうですが、ケアは必ずおこないましょう

どんな良い洗浄方法でも、ケアをしなければ逆効果になってしまいます。

肌を洗った後は、化粧水と乳液を使いましょう。

化粧水が乾かないうちに乳液を使うのが正しいケアの方法です。

終わりに

角栓の多い鼻のことをいちご鼻などと言いますが、これらはすぐに綺麗にできるものではありません。

毎日の努力の積み重ねによって、美しい肌になります。

美容に気を使っているのでしたら、こつこつと続けることをオススメします。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告